イタリアの最初で唯一の蒸留所!プーニ(PUNI)!

イタリア

今回はイタリアの蒸留所について書きたいと思います。

そもそも、イタリア産のウイスキーってあんまり聞かないですよね?

それもそのはず、
イタリアの蒸留所はただ一つ!

「プーニ蒸留所( PUNI distillery )」
オンリーなのですから!

プーニ蒸留所( PUNI distillery ) とは?

タイトル通り、プーニはイタリアの最初で唯一の蒸留所。因みに設立されたのはかなり最近の2010年。家族経営でやってる会社です。

蒸留所はオーストリア、スイスの国境近く、、、
と書いてもピンとこないので地図貼りました

こうして見ると、
かなりイタリアの北の端っこのほうなんですね。


プーニ蒸溜所は、かなりモダンな建物で有名です。
↓こんな感じ

引用元:プーニ公式HP https://www.puni.com/img/about/lightbox/l_06.jpg

本当に現代的でおしゃれー

内装や設備も本当にデザインに凝って作られてます。

もっと画像を見たい方はプーニ蒸溜所公式HP(イタリア語or英語)よりご参照ください。


蒸留所の付近は山脈に囲まれており、 夏と冬の間にはかなりの気温差があるとのこと。この気候変動が、熟成に役立っているようです。

プーニ蒸溜所のこだわり

原料に関しては地元産のライ麦のみを使用というこだわり。

穀物の栽培はこの地域で長い伝統があり、その特徴的な乾燥気候と低い降水量で、重要なライ麦栽培地域として知られていたそうです。

初リリースは2015年 !

イタリア産モルトウイスキーが初めてリリースされたのは2015年10月のこと。
これもまた最近ですね。

では今現在リリースされているプーニのウイスキーボトル3本をご紹介したいと思います。

トルもまたおしゃれなんです。

因みにこちらのボトル、 2016年のワールド・ウイスキー・アワードにて、ボトルのデザインでデザイン賞を受賞しています。

では1つ目

プーニ ゴールド (PUNI The Italian Malt Whisky GOLD)

プーニゴールドは、バーボンの樽で5年間熟成。古典的なスタイルのモルトウイスキーです。

ファーストフィル
( ←シェリー樽やバーボン樽を中古樽として初めて使う場合、ファーストフィルと呼ぶ。 )の樽だけで熟成されてます。色は鮮やかな黄金色。時を超越した特徴のある香りと優美さが特徴。

このウイスキーは地上庫で熟成しているので、夏と冬の気候差の影響をじかに受け豊かな甘さを輪郭に、絶妙で穏やかな風味がかもしだされます。

夏の果物と甘いバニラの調和のとれた組み合わせ。そして、オークから来るほのかなスパイシーさを感じられます。

風味:バニラ・マンゴー・胡椒

カスクタイプバーボン樽
アルコール度数43%
容量700ml
産地イタリア
熟成年数5年
輸入元株式会社フードライナー



プーニ ソーレ ( PUNI The Italiana Malt Whisky SOLE )

ソーレは米国からのファースト・フィルのバーボン樽で2年間熟成、スペインからの最高の” 極甘口シェリー ”、ペドロ・ヒメネス シェリー樽でさらに2年間熟成し完成。


味わいに独特の甘みがあり蜂蜜とブラッドオレンジの強い香り。対照的な、クルミとスパイシーなオークのクリーミーな風味も特徴的です。

風味:ワイルドハニー・オーク・ブラッドオレンジ

カスクタイプバーボン+ペドロ・ヒメネス
アルコール度数46%
容量700ml
産地イタリア
熟成年数4年
輸入元株式会社フードライナー




プーニ ヴィーナ ( PUNI The Italiana Malt Whisky VINA )

ヴィーナはワイン樽で 5年間熟成したウイスキー。
因みに「ヴィーナ」はラテン語でワインという意味。

このワイン樽には、マルサラ・ヴェルジネという辛口の白ワインが入れられていました。 マルサラは伝統的なイタリアのシチリア島で生産されるワインでオーク樽で熟成します。

フルーツケーキの持つアロマが特徴で、上質なクルミと甘いサルタナ・ブドウが、シナモン、プラム、オレンジの皮を使ったチェリー・コンポートの味わいと香りを包み込みます。

カスクタイプ マルサラ・ヴェルジネ
アルコール度数43%
容量700ml
産地イタリア
熟成年数5年
輸入元株式会社フードライナー




上記以外にもプーニのウイスキーいろいろあります。

販売していたネットショップのプーニウイスキーの検索結果をまとめました。こちらからどうぞ↓

まとめ

調べてみると、魅力あふれる蒸留所で、HPの画像などを見ているとつい行ってみたくなりますね。

まだできたばかりなのでこれからの進展が期待されます。
個人的には特に長期熟成のプーニが気になります。

プーニ自体をあまり見かけないので、バーでも通販でも在庫があったら一度試してみてはいかがでしょうか?

今回は以上。

では、皆さんよいウイスキーライフを!

コメント