ティーリング蒸留所で蒸留された初のウイスキー!

出ました!「ティーリング」の新しい蒸留所「ティーリング蒸留所」から初めてのウイスキー「シングルポットスティル」

「ティーリング蒸留所」 について

ティーリング 社はインディペンデントボトラー(独立瓶詰業者)ですが、

実は、昔、ティーリング家はアイルランドのダブリンでウイスキーの蒸留所を持っていました。 1700年代 のお話です。しかし、 アイリッシュウィスキーへの需要減少などの理由に」より ダブリン市内の蒸留所がすべて閉鎖。

そして、今回、約125年ぶりに稼動を始めたのがこの新しいティーリング蒸留所です!

ティーリング シングルポットスチル 700ml」について

アイリッシュウイスキーの伝統的な製法であるシングルポットスティル。大麦麦芽50%、未発芽大麦50%をそれぞれ3回蒸留。バージンオーク、ワインカスク及びバーボンカスクで熟成された樽をブレンド。

ティーリング蒸留所 で蒸留した初のウイスキーの完成です!

種類 シングルポットスチル
蒸留所ティーリング蒸溜所
生産国 アイルランド
カスクタイプ バージンオーク、ワインカスク、バーボンカスク
容量 700ml
度数 46%

インポーターさんのテイスティングコメントがコチラ↓

香りは若いモルト、食パン、ニューボーンモルト、ライトなレーズン、奥にフルーツ紅茶、ボディのファーストインパクトは若いモルトの甘み、ボディのミドルぐらいから特徴的なオイリーさとライチキャンディーのようなフルーティーな甘みが出てくる、フィニッシュは青いフルーツの皮、ライトなビターが心地よく続きます。

■テイスティングノート
香り:ハイビスカスの花、ミツバチの巣、白ブドウの果肉、グレープフルーツとシトラス
味:ライチ、再び白ブドウ、温かいホワイトペッパーに焼きピーチと焼きたてのビスケット
フィニッシュ:ドライでかすかなスパイス、ローストしたアーモンドとメープルシュガー

https://item.rakuten.co.jp/kurastyle/23901789/

どこで買えるの?

販売中しているショッピングサイトの検索結果をまとめました。下記にリンク張ってます。↓

さあ、本当にどんな味わいに仕上がっているのか本当に楽しみですね!
ティーリング の飲み比べなんかもおもしろいのでは?

今回は以上!

では皆さんよいウイスキーLIFEを!

コメント